Monthly Archives: 4月 2019

Home / 2019 / 4月

クリエイティブハック! vol.02〜クリエイティブに関わるなんでも情報共有&交流会〜

クリエイターの方々に、より良い環境にて仕事をしていただくためのサービス”つながるデザイン”でゆるっと情報共有&交流会を開催いたします。
 
グラフィックデザイナー、ウェブデザイナー、アーティスト、フォトグラファー、ライター、又はクリエイティブな仕事に携わる人、携わりたい人なら誰でもOK!

第2回目は、人にスポットを当てて、
 
◯あなたのクリエイティブとの関わり方
◯近頃のあなたの実績紹介
◯会場のみんなに聞いてみたいこと
 
フリーランスなど個人で仕事をしていると、なかなか情報のアップデートが難しいですよね?
是非ともご参加いただき、今後のクリエイティブに活用してください!

また、共有会終了後には交流会も開催。
クリエイターのネットワークも広げましょう!

 

クリエイティブハック! vol.02
〜クリエイティブに関わるなんでも情報共有&交流会〜
 

日時:2019年4月16日(火)19時30分〜
場所:オープンスペース DEP. KOBE 神戸元町・大丸前
   中央区三宮町3-1-16 三星ビル4F 南室
参加費:¥1,000
※呑み喰いながらゆるっとやります。
※飲み物、食べ物は各自ご持参ください。
 
 
◯進行 ※予定
19:30 START 今月の便利ツール紹介
19:45 自己紹介、最近の仕事紹介、質問タイム
21:30 交流会
22:30 お開き
 

これまでの紹介や、近頃の実績をご紹介いただきます。
ご参加の皆さまからも質問タイムを設けます。
また、イベント終了後、交流会をおこないますので、各自お飲物や軽食などもお持ち寄りください。


【ワークショップ】ピカソ模写の会

《休日の昼下がり、
ピカソの人生を通して芸術に触れてみませんか?》

■概要■
芸術家『パブロ・ピカソ』。
彼から強く影響を受けてきたと語る
イラストレーター Atsushi Toyamaさんを講師にお招きして
ピカソの真相に迫ります。

学校の授業では教えてくれなかった
ピカソにまつわる話が盛りだくださん。
イベントの終盤には、参加者の皆さんと
一緒にピカソの絵を模写します。

画材や紙はこちらで用意するので手ぶらでご参加OK!

■日程■
5月4日(土)

■時間■
13:00-14:45
(1時間45分)

■参加費■
2000円

■定員■
17名

■予約■
(下記URLから30秒で予約完了!)
https://forms.gle/zrvocs86E3qjuxi8A

■場所■
Storage books併設ギャラリー

■住所■
神戸市中央区三宮町三丁目1-16三星ビル3階南室
(※各線元町駅から徒歩3分/神戸大丸から歩いてすぐ)

■作家プロフィール■
遠山敦(イラストレーター)
http://atsushi-toyama.tumblr.com/
鳥をモチーフとした絵を多く描き作品集「Birdbook」「ColordBirdbook」他、
書籍、ポスター、CDジャケット、テキスタイルデザイン等の仕事を手掛ける。
音楽講師平松あずさとの共著、音楽絵本「まこちゃんのドロップス」(ユニヴァーサル・ミュージック)発売中。
イラストの仕事とは別に「ピカソ模写の会」、
「窓ガラスに大きな絵を描こう」 (神戸アートビレッジセンター)、「土と足で遊ぶアート体験」(INAXライブミュージアム)等日本各地で楽しみながら絵を描くワークショップを開催している。


ぜひご参加ください!


大竹英洋 写真展 北の森へ to the Northwoods

■概要■
湖面にカヌーを浮かべ、雪原にソリを引く。
探していたのは、森に潜む生命の気配。

北米大陸の中央北部に広がる森と湖の世界「ノースウッズ」。
春には揺れる湖面にカヌーを浮かべ、
冬には凍った湖面にソリを引いて、
野生のオオカミの気配を探し求めてきた。
この写真展では、これまでに出会ってきた野生動物とともに、
旅をフィルムで記録したコンタクトプリント、
ナビゲーションに使った地形図、スノーシューやマクラックなど
旅の道具も展示。
ノースウッズ特有の「頂のない、水平の旅」の魅力と、
原野に息づく生命の姿を伝えたい。

■期間■
期間▷2019年4月20日(土)〜4月28日(日)

■参加費■
無料

■場所■
場所▷Storage books & gallery

■住所■
神戸市中央区三宮町三丁目1-16三星ビル3階南室

■時間■
時間▷12:00-18:00

■休廊日■
水曜日(24日)

 

写真家 大竹英洋 スライドトーク
×ギタリスト鈴木健一郎

イベント詳細はコチラをご覧ください
https://kobe-design.co.jp/blog/archives/930


■プロフィール■
大竹英洋(おおたけひでひろ)
1975年生まれ。写真家。一橋大学社会学部卒業。1999年より北米の湖水地方「ノースウッズ」をフィールドに、野生動物や自然と人間との関わりを撮影。「ナショナルジオグラフィック日本版」、「Canadian Geographic」、「たくさんのふしぎ」など、国内外の雑誌、新聞、写真絵本に作品を発表。主な写真絵本に『ノースウッズの森で』、『もりはみている』(以上福音館書店)。写真家を目指した経緯とノースウッズへの初めての旅を綴った『そして、ぼくは旅に出た。 はじまりの森 ノースウッズ』(あすなろ書房)で梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。2018年日経ナショナルジオグラフィック写真賞ネイチャー部門最優秀賞。
www.hidehiro-otake.net
Facebook @HidehiroOtakePhotography
Instagram @hidehirootake


インフォグラフィック・エディター櫻田潤 「スキルの掛け合わせでみえる趣味と仕事の関わり方」in 神戸

read more…